相続事例、紹介

債務超過が予想されていた亡母の相続について、相続放棄ではなく敢えて限定承認を行ったケース 詳細を見る
亡父親名義の不動産に引き続き居住することを希望する相続人が、当該不動産を単独で取得し、他の相続人らに対し金銭(代償金)を支払うとの遺産分割協議を成立させたケース 詳細を見る
先の遺言が作成された後,これと異なる内容の新しい遺言が作成され,後者の内容に沿って,遺産分割調停がなされたケース 詳細を見る
遺産相続時の配分割合に関するご相談 詳細を見る
 先行相続、2次相続、3次相続が発生していたため、法定相続人が合計20名以上となった事案で、調停手続を経ることなく、遺産分割協議を成立させ、相続不動産を早期に売却(換価)することができたケース 詳細を見る
相続人から遺言無効の主張のあったケース 詳細を見る
遺言内容と異なる遺産分割協議を成立させたケース 詳細を見る
法定相続人以外の方に財産を遺贈したいケース 詳細を見る
被相続人が外国籍である場合に、配偶者控除を活用したケース 詳細を見る
遺産分割の事実上のやり直しが認められたケース 詳細を見る

お悩みの際は

東京 03-5201-3320 | 大阪 06-6363-1151 メールでのお問い合わせ

運営事務所「弁護士法人 宮﨑綜合法律事務所」の紹介は>>こちら

相続事例、紹介

  • 遺言に関する事例
  • 相続分割に関する事例
  • その他の事例
弁護士紹介 当事務所の特長 専門弁護士紹介
ページのトップに戻る