相続Q&A

相続の放棄と承認

項 目 質問内容  
借金の相続について 父が亡くなりましたが、父は事業に失敗したこともあり、多くの借金があります。借金を相続しないためにはどうすればよいですか? 回答、解説はこちら
相続放棄の注意について 相続放棄において注意することはありますか? 回答、解説はこちら
相続放棄の方法について 相続放棄の方法について教えてください 回答、解説はこちら
熟慮期間経過後の相続放棄 父が死亡して4か月後、父の債権者と称する人物が突然現れました。
その人物は、私たちに借用書を示し、返済を迫ってきました。私たちは、父親に借金があるとは全く知りませんでした。父の死亡後3か月以上経過しているので、やはり相続放棄はできないのでしょうか。私たちは、どうしたらいいですか?
回答、解説はこちら
遺留分の放棄と遺言について 父の相続人は、母がすでに亡くなっているので、私(長男)、弟(次男)、妹(長女)の3人ですが、妹は、「私は嫁入りの際に十分な支度金をもらったので、父が死んでも財産はいらない」と言っています。その約束を確定させたいのですが、どうすればいいでしょうか。父が生きているうちに相続放棄手続きをとってもらえばいいですか。 回答、解説はこちら
熟慮期間の伸長 相続があったことを知ってから3か月が経つと、相続放棄ができなくなると聞きました。

被相続人には借金があったようなので、慎重に調査したいのですが、この期間を延ばすことはできませんか。
回答、解説はこちら

お悩みの際は

東京 03-5201-3320 | 大阪 06-6363-1151 メールでのお問い合わせ

運営事務所「弁護士法人 宮﨑綜合法律事務所」の紹介は>>こちら

相続事例、紹介

  • 遺言に関する事例
  • 相続分割に関する事例
  • その他の事例
弁護士紹介 当事務所の特長 専門弁護士紹介
ページのトップに戻る