相続Q&A

寄与分と特別受益

項 目 質問内容  
寄与分の範囲について 私は、父の生前、実家に残って父とともに農業に従事してきました。また、父は亡くなる前の数年間介護が必要な状態であったため、付きっきりで介護をし、医療費等の援助も行ってきました。相続人は私と弟の2人だけですが、弟は実家を出てサラリーマンをしていて、父の介護も全くしていません。このような場合でも、やはり父の遺産は1/2ずつで分けることになるのでしょうか。 回答、解説はこちら
寄与分の認定範囲 「寄与分」とは、どのような場合に認められるのでしょうか。 回答、解説はこちら
特別受益について 私の兄は、父の生前、父から1000万円の援助を受けて実家近くに自宅を購入しましたが、私は実家から離れて賃貸マンションで生活しているため、父からは何の援助も受けていません。相続人は私と兄の2人だけです。父が亡くなった際にはほとんど財産が残っていない状態でしたが、残っている財産を分けるしかないのでしょうか。 回答、解説はこちら
特別受益の範囲について どのようなものが「特別受益」として認められるのでしょうか? 回答、解説はこちら
寄与分の算定 寄与分の額は、どのようにして決まるのでしょうか。 回答、解説はこちら
特別受益の評価 生前贈与や遺贈などの「特別受益」は、どの時点を基準に評価されるのですか。 回答、解説はこちら
特別受益の評価(2) 生前贈与された物件について、処分してしまったり、自然災害で焼失したりしたときも、特別受益に該当するのでしょうか。 回答、解説はこちら
特別受益の持ち戻し免除 被相続人の意思があれば、特別受益の持ち戻しを免除することができると聞きましたが、どういうことですか。 回答、解説はこちら

お悩みの際は

東京 03-5201-3320 | 大阪 06-6363-1151 メールでのお問い合わせ

運営事務所「弁護士法人 宮﨑綜合法律事務所」の紹介は>>こちら

相続事例、紹介

  • 遺言に関する事例
  • 相続分割に関する事例
  • その他の事例
弁護士紹介 当事務所の特長 専門弁護士紹介
ページのトップに戻る