相続Q&A

相続と登記

項 目 質問内容  
登記上の所有者が故人の場合について 父が亡くなって数年経ちますが,遺産分割協議がまとまらず,登記上の所有者が父のままになっています。どうすれば良いですか?このまま放置してもよいでしょうか? 回答、解説はこちら
協議後の不動産取得について 遺産分割協議がまとまり,私が単独で不動産を取得することになりました。どうすれば良いですか? 回答、解説はこちら
不動産の遺贈と登記 先日,友人Aが死亡しました。友人Aが亡くなった後,引出の中から遺言書が見つかったそうです。これを見つけたAの妻が裁判所で検認手続きをとったところ,遺言書には,Aが所有する別荘(土地と建物)を私に遺贈すると書かれていたそうです。
友人Aには妻子がいますが,折り合いが悪く別居しており一人暮らしをしていました。私とAとは,学生時代から仲が良く,毎年夏にはAの別荘で休暇を過ごしていたので,Aはこの別荘を私に譲ろうと思ってくれたようです。
私は,Aの好意を受けるつもりです。そこで,この遺言書により土地建物の登記名義を私に変更したいと思うのですが,私が単独で登記をすることは可能でしょうか。できれば,Aの妻子とは話をしたくありません。
回答、解説はこちら
共同相続登記 父が亡くなり,私と兄の2人が相続人になりました。父の遺産として,父名義の自宅があります。兄には借金があるようですが,自宅の登記名義を父のままにしておけば,兄の債権者から差押えを受ける心配はないでしょうか。また,心配があるとすれば,どうすれば良いでしょうか。 回答、解説はこちら
更正登記 父が亡くなり,私と兄の2人が相続人になりました。兄は相続を放棄しましたが,兄の債権者がそれを知らずに,父の遺産である不動産を仮差押えしてしまいました。どうすれば良いですか? 回答、解説はこちら

お悩みの際は

東京 03-5201-3320 | 大阪 06-6363-1151 メールでのお問い合わせ

運営事務所「弁護士法人 宮﨑綜合法律事務所」の紹介は>>こちら

相続事例、紹介

  • 遺言に関する事例
  • 相続分割に関する事例
  • その他の事例
弁護士紹介 当事務所の特長 専門弁護士紹介
ページのトップに戻る