相続Q&A

「相続の方法」

質問内容

相続にはどのような方法がありますか?

回答

相続には,単純承認・限定承認・相続放棄の方法があります。

 
1 単純承認
 被相続人の財産すべてを承継する方法をいいます。
 借金等のマイナスの財産も承継することになります。

2 限定承認
 相続によって得た財産の範囲で被相続人の債務等を弁済し,財産が残れば,それを相続するという方法をいいます。
 マイナスの財産の方が多い場合でも,自己の財産を弁済に充てる必要はありません。

 限定承認は,相続人が,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に行う必要があります。相続人が複数いる場合は,共同で行うことが必要となり,単独で行うことはできません。原則,撤回はできません。

3 相続放棄
 被相続人の財産すべての承継を拒否する方法をいいます。

   
 相続放棄は,相続人が,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に行う必要があります。原則,撤回はできません。

お悩みの際は

東京 03-5201-3320 | 大阪 06-6363-1151 メールでのお問い合わせ

運営事務所「弁護士法人 宮﨑綜合法律事務所」の紹介は>>こちら

相続事例、紹介

  • 遺言に関する事例
  • 相続分割に関する事例
  • その他の事例
弁護士紹介 当事務所の特長 専門弁護士紹介
ページのトップに戻る