相続Q&A

「相続人になれる人」

質問内容

相続人には誰がなれますか。

回答

相続人になれるのは,配偶者及び一定の血族関係者で,これらの者を法定相続人といいます。
①配偶者
配偶者は常に相続人となります。但し,配偶者は法律婚をしている必要があり,内縁の配偶者は相続人となりません。一方,事実上離婚している配偶者でも,戸籍上婚姻中であれば,相続人となります。

②直系卑属(子・孫・ひ孫等)
被相続人の子は,実子・養子問わず相続人となります。出生前の胎児は生まれたものとみなし相続人となります。但し,死産の場合は相続人とはなりません。
また,被相続人の子が相続開始前に死亡したとき,孫が子に代わって相続人となることができます。これを代襲相続といいます(ひ孫が孫に代わって相続人となる場合は再代襲といいます。)。胎児の場合も,代襲相続は認められます。
   
③直系尊属(父母・祖父母等)
被相続人に子がおらず,かつその代襲者もいない場合に相続人となります。直系尊属が複数いる場合,親等の近い者が相続人となります。例えば,父母と祖父母がいる場合は,父母が相続人となります。

④兄弟姉妹
被相続人に子,その代襲者,直系尊属がいない場合に相続人となります。

お悩みの際は

東京 03-5201-3320 | 大阪 06-6363-1151 メールでのお問い合わせ

運営事務所「弁護士法人 宮﨑綜合法律事務所」の紹介は>>こちら

相続事例、紹介

  • 遺言に関する事例
  • 相続分割に関する事例
  • その他の事例
弁護士紹介 当事務所の特長 専門弁護士紹介
ページのトップに戻る